2016年6月27日月曜日

新型アウディA5/S5がやって来る!!!

  あの「アウディ」が本気になれば世界でもっともエレガントなクーペが作れるはず!! 私も心のどこかでそう思い込んでいる一人です。ちょっと前の話になりますが
レクサスが久々に2ドアが復活し「RC」が発売されました。正直言って予想よりもずっとカッコ良いデザインになっていたと思うのですが、市場の反応はなんだかイマイチでした・・・金持ちには安っぽく見えるのか? 2ドアクーペはメルセデスやBMWのブランド力があってもやや持て余し気味のジャンルですから、しばらく売ってなかったレクサスの2ドアが日本で苦戦するのは当たり前かもしれないです。それでもまあ商売上手なトヨタですから全く痛手ということもなく、RC投入の理由もスーパーGT参戦の理由を明確化するためだとか・・・。

  レクサスとは対照的にこれまでずっと2ドアを販売し続けてきた日産ですが、果たして日本に新型インフィニティQ60(スカイラインクーペの後継モデル)を投入してくれるのでしょうか? 「インフィニティ」ブランド車はなかなか日本では発売されにくくなってます。またグローバルではバリバリのスポーツブランドとして展開している「日産」ブランドですが、日本ではGTRとZを除けば、スポーティ路線で売り出し中と言えるのは「電車」のリーフのみ(NISMOを除く)。日産にはテスラに対抗して「電車」になったスカイラインクーペでも期待したいところですが・・・。

  なんでクーペは日本で売れないのか?「カッコ良すぎるから」「よく見りゃブサイクだから」などなど。もしかしたら思った以上に「夢が覚めやすいから」なんじゃないかと。やっぱり2ドアを売るからには徹底した気持ちが「冷めない」工夫をして欲しいですけども、これだけモノが溢れているクソみたいな世の中ですから、1つのモノにずっと執着することは難しくなってきています。特に2ドアクーペのようなスペシャルティカーは「刹那」を楽しむクルマなんでしょうね・・・。朝から晩まで余裕でドライブを楽しめるような暇人には全くもって馴染みません。タイトなスケジュールの中で2時間限定の「逢瀬」を最大限に演出するクルマです。しかし実際に乗っているのは暇そうなじいさんばっかり・・・。

  アウディの中でも最も美しいモデルと言われる「A5」が、いよいよフルモデルチェンジするようです。2008年に登場した現行モデルはアウディ躍進の立役者であるカリスマデザイナー和田智さんの代表作といえる美しいデザインでしたが、2代目A5も基本的には同じデザインテイストが踏襲されるようですが、デザイナーも変更になりましてどうも・・・何事も最初はそんなものかもしれませんが、先代の方がカッコいい気が。

  非日常でステータスなスペシャルティクーペとして、各プレミアムブランドから発売されている「レクサスRC350」「BMW440i」そして「アウディS5」の3台比べるならば(メルセデスからはCクーペ450が発売されていません)、うーん・・・デザインで勝負するならばやはりアウディS5が突き抜けますね。当たり前のことですが、直6の魅力に重きを置くならば440iで、静粛性とコスパを優先するならばRC350でしょうか。
「3LのV6スーパーチャージャ&7DCT」
「3Lの直6ターボ&8AT(ZF)」
「3.5LのV6自然吸気&8AT(アイシンAW)」
と見事な対比を見せていて三車三様です。自然吸気な分だけレクサスが安いわけですが、S5や440iと同じ価格で「RC-F」が買えますよ!!というのがレクサスの商売の上手いところです。1200万円もする「RS5」や「M4」を圧倒できる477psのV8自然吸気が載ってます。

  もちろん各車ともに直4版の廉価モデルもあります(500万円くらい)。しかしラグジュアリークーペを転がす!!!ならば、6気筒の余裕なトルクで過給がかからなくてもスンスンと進むくらいのスペックがやっぱり欲しいよなー。スバルやマツダじゃないんだぜ!!!って堂々と胸を張れるプレミアムブランドらしさが、この3台の価値だと思います。車両価格は廉価グレードよりも跳ね上がりますが、プレミアムにカネを払う!!!っていう粋が感じられれば、まだなんとか「暴利価格」にも納得できます。

  普段はフィットかカローラ辺りに乗っていて、ここぞ!という時に「S5」を繰り出すカーライフ・・・これが理想型かも。2台を新車で取得すればお値段はざっと1200万円!!!ですから相当にクルマにこだわりが無い人じゃないとダメですけども。1200万円あれば「メルセデスSL」とか「マセラティ・クワトロポルテ」とかいった上流階級なクルマが買えちゃうわけですが、「SL」や「クワトロポルテ」を都市の郊外で日常的に使うとなれば、これはなかなか目立ち過ぎます・・・いや完全に「反社会的」な行動です。日中のスーパーにこんなクルマで押し掛けようものなら、ヤクザの抗争でも始まるんじゃないか?って感じのざわめきが巻き起こりそうですし・・・(住む場所によりけりですけど)。


リンク
「アウディA5/2008年モデル動画」
「アウディA5/2017年モデル動画」
最新投稿まとめブログ

  

  

2016年6月13日月曜日

スズキの逆襲!!!スイフトスポーツの次期モデルにちょっと注目!!!

  もう何度となく書いてますけども、ぜんぜん飽きません!!! やっぱりこのクルマはいい!!! アクセルを踏んでステアリングをきって、もうそれだけで幸せ〜!!!と感じられるクルマの「最右翼」としてこれまでスイフトスポーツをずっと挙げてきました。あまりお金を使わないで運転が愉しいクルマが欲しい人には絶対的にオススメです!!!ちなみに現行のスイスポは、ボデーやシャシーの基本構造はノーマルのスイフトと同じでして、エンジンをスイフトの「1.2L自然吸気」から専用の「1.6L自然吸気」に変えただけ・・・ってエンジン変えたら別のクルマじゃん。

  え!?日本のコンパクトカーってこんなに気持ちよく走るのか〜!?これまでの評論家の話によると日本のコンパクトカーは全くコストかかってないから、輸入車とは全く別もので燃費しか誇るものがない!!!だなんて散々にバカにされてましたけど、このクルマからは全く感じないですけど!? 「何の補強もしてませーん!!!」でもコレは明らかに同クラスの輸入車の全てに勝てるくらいの乗り味になってますよ!!!ドイツの雑誌cでも現行のBセグで最良だとも言ってるし!!!(ドイツ誌はVWに手厳しいけど)。

  スズキの戦略だとは思いますが、エンジンだけを変えたすばらしいスペシャルグレードを作ることで、ベース車自体の魅力も見事に高めています。トヨタがアクアG'sでシャシーを徹底的にブラッシュアップしました!!!とCMで散々に植え付けるのとは全く別ですね。アクアG'sは「価格の意味を説明するため」にやっている・・・。こういうCMを流すってことはそれほどコストかかってないな・・・きっと。スズキの手法の方がずっと好感持てます。販売つなげるためには、あえて「エンジン以外は何も変えてない!」を強調するのがいいのかもしれないですね。

アクアG'sのCMです!!!おねーちゃんがかわいいです!!

  同じ日本車でもM社のクルマでも同じような芸当ができるのでしょうか?T社は・・・N社は・・・さてさて。スズキにはぜひこのお家芸を次のモデルでも継承してほしいのですが、先行報道によると次期スイスポには新たに1.4Lターボが用意されるんだとか・・・。それが本当ならば・・・あれ!?スズキに1.4Lとかあったっけ?ジムニーシエラは1.3Lだし。スズキのグローバル展開を調べると・・・ありました!「1373cc」の自然吸気がインド向けB/Cセグに使われてます。インドで使うNAエンジンにターボ載せて日本で売る!ってどっかのブランドの得意技じゃねーか(笑) 報道によるとスズキとモメているあのブランドです。

  インドスペックのベースエンジンだからといって、低品質か!?というわけでもないですけど、わざわざ300万円近く出してまでこれを使っているゴ◯フを選びたいとは思わないですね〜・・・(GTIにしておこう!!!)。スズキはこのブランドを徹底的に恨んでいるようで、1.4Lターボを積んだ新型スイスポを100万円台で売るんでしょうね・・・乗り比べたら!?あれ!!!スズキの方がいいぞ!!!ってなりますって!!!ハンドリングとペダルフィールで圧勝!!!

  いままでは1.6L自然吸気に軽いボデーだからスイスポが良くて当たり前!!!って雰囲気がありましたけども、今度は同じターボ同士ですからもう言い訳できないですよ。トヨタが売り出すまでは評論家のバカどもが散々に「欧州のターボは進んでいる!!!日本は完全に取り残された!!!」とかヒステリックに叫んでましたけども、今では誰も「欧州のターボがどーだ!!!」とか言う輩は居なくなりましたね〜・・・なんなんだこの節操の欠片もない変わり身の早さは!!!

  可哀相なのはそんな情報を鵜呑みにしてしまった情報◯者の人々で、しばしば私のブログにもやや気が触れたようなコメントがやってきます。「メルセデスやアウディの直4ターボはスゴいですよ!!!」・・・それ三菱のライセンスなんだけどな〜ってやんわり教えてあげますけどね。あんまりハエ(評論家)がウルサイのでトヨタが怒ってわざわざ「自家製」しました。やっぱりトヨタが本気で作れば「耐久性」「レスポンス」「出力」などなどぜんぶ上回ってきますね・・・評論家どもを一気に黙らせる!!! そしてなんで日産はスカイライン用の直4ターボを提携先のメルセデスから仕入れたのに、なぜトヨタはパートナーのBMWから調達しなかったのか? 

  これはどうやら日産に対する「当てつけ」もあるようですね。メルセデスもBMWも三菱直系の「直噴ターボ」なのに対してトヨタの直4は「直噴・ポート噴射併用」で環境への配慮を行っています。技術の日産とか言うくせには環境にまで頭が回ってないですよ〜!!!(笑) トヨタ&レクサスの高級車には直噴ターボなんて絶対にNGです!!!直噴ターボなんてマトモな大人が選ぶエンジンじゃないですよ!!!大丈夫〜!!!(オーリスは直噴ターボだけど)・・・クラウン&レクサスISの直4ターボは路上で遭遇した3er、5er、Cクラス、Eクラス、スカイラインに対して「オラオラ、汚い排ガスのクルマが前走ってんじゃねーぞ!!!道を開けろ!!!」と威圧してもOK〜!!!

  スズキにもぜひこのトヨタ方式を採用して、クソ汚い排ガスの欧州小型車を片っ端から駆逐してほしいですね。憎たらしいボロクソ・バーゲンをボコボコにするためにも、環境にはぜひともこだわってほしいところですが・・・。ちなみにバレーノに使われる予定のターボは残念ながら「直噴ターボ」なのですが、スズキには1.2L自然吸気にポート噴射を2wayで行う高効率エンジンがありますから、その気になれば(ボロクソをボコボコにするためだったら)やれないこともないとは思いますが・・・さてさて。

リンク
最新投稿まとめブログ

2016年6月6日月曜日

ルノー・トゥインゴはまもなく日本上陸

  フランスの「半官半民」メーカーとして知られるルノー。もちろん日産の親会社としてもよく知られています。日本では「日産の寄生虫」とか、クルマを良く知らない連中からは悪口を言われてますが、メガーヌエステートGTやカングーなど「良質」な実用車には日本にもファンが多いです。欧州でもいろいろと日産と権利上の問題を起こしているようで、最近でも新たにルノーと日産の間で「取り決め」があったとか言われています。ルノーの経営上の介入があまりにも多過ぎることによるものだそうですが、日産にとってもこの10年で最もブレイクした市場は紛れも無く仏・英の両市場なので、ルノーの威光というのも大きいと思います。

  欧州でハッチバックを売ろうと思った日産に対してルノーが「邪魔すんな!」と反発&妨害したことがありました。そこで日産は潔くハッチバックを諦めてコンパクトSUVにシフトして、「ジューク」を発売したところ、これがフランスで見事に大ヒット!!!「人間万事・塞翁が馬」です。ルノーもすかさず同じプラットフォームで「キャプチャー」を作ってます(日産も先日の取り決めのあと欧州でパルサーの復活を宣言!)。欧州におけるコンパクトSUVブームは、フランス勢(ルノー・PSA)がVWグループ(VW、シュコダ、セアト)のシェアを取り返す起爆材になりました。2013年頃といえば、日本ではゴルフ7で連日VWの好調が伝えられてましたけど、フランスやロシアといった市場ではVWは昨年比80%という歴史的惨敗だったです。クロスポロには残念ながらまともなAWDが付かない・・・。

  日産が三菱を傘下に収めたことから、ルノー日産グループはいよいよVWもトヨタも追い抜かしての「世界ナンバー1」が視野に入っているみたいですね。トヨタもまだまだスバルを抱え込めばもう150万台は上乗せできるでしょうし、提携拡大中のBMW、マツダを含めた広域連合を一気に傘下に収めれば、一気に1500万台規模に到達するでしょうけど。スズキを飲み込むことに失敗したVWは、今後の成長力にはやや疑問です。それに対して1000万台突破が既に見込めるルノー日産には、さらに提携中のダイムラー(メルセデス)との合体という裏技もありそうです。

  日産とメルセデスの提携によりインフィニティ車はこれから順次ダイムラーの設計になっていくようです。そしてルノーとスマート(ダイムラー)の共同開発によって誕生したのが、ルノー・トゥインゴ/スマートフォーツーです。スマートは先代までは三菱との提携で設計されていましたが、メルセデスと三菱が犬猿の仲になり、新たにルノーをパートナーとして開発されました。ルノー・日産グループを仲介して再び「呉越同舟」となったメルセデスと三菱の間には何らかの提携はあるのでしょうか? そういえば昔は「デボネアAMG」とかあったな・・・。メルセデスが力を入れるSUVのプアーなAWDの代わりに三菱AWDを充当するなど、シナジー効果はいろいろとありそうですけどね・・・。話題作りならば、「ランエボAMG」VS「WRX・アルピナ」という出来ゲーム的な企画をカルロス=ゴーン氏とモリゾー氏がトップダウンで指示してくれれば盛り上がるんじゃないでしょうか?(GT-Rvsスープラも結構ですが)

  これからの時代は「コラボ」です!!!コラボしてファンを出し合って、しかもリスクは半分で、そして何よりも「お!?良さそう!」とクルマ好きの関心を呼び込めるような目新しい設計をガンガン盛り込むことが大事です。三菱がランエボ作り続けても、STIがWRXに魂を入れ続けても、やはりジリ貧です・・・。ビルシュタインだのブレンボだのサプライヤーとのコラボは作る側には都合がいいかもしれないですけど、街角チューナーから仕事を奪い、草の根レベルのクルマ文化を破壊しているとの批判もありますし、ライトユーザーを取り込もうとする浅はかさが滲みでてますよ!!!

  危機感持っているメーカーはもうとっくに「コラボ」やってます。トンガったクルマを作るときの経営リスクは限りなく高くなりますし、あのポルシェだってVWの支援なくては存続が難しいと言われています(利益率ナンバー1ですけど)。具体的な例としては、「トヨタ86/スバルBRZ」「マツダロードスター/フィアット124スパイダー」そして「スマート/ルノー・トゥインゴ」でしょうか。比較的に誰にでも手が届く範囲で「個性的」な設計のクルマを作るなら、もうこの方法しかないのかもしれません。ユーザーにカスタマイズの楽しみを残しつつ個性的な設計のクルマを売る!!!そしてペイさせる!!!とっても優れた手法だと思います。どうしても単独で作るとなると「ホンダNSX」や「フォードGT」など富裕層向けのクルマになってしまうみたいです。

  もっともっといろいろな「コラボ」があれば、クルマの可能性が広がっていくと思うので、このルノー・トゥインゴにはぜひぜひ日本でも結果を残して頂きたいものです!!!確かにライバルとなる日本車コンパクトはいろいろな意味で手強いですけども、それゆえにRRという変わった設計で乗り込んでくることで、ユーザーの目先を大きく変えることもできるでしょう。先行するスマートが209万円〜なので、ルノートゥインゴはおそらく180万円くらいに収まるのではないかと思いますが・・・。福野礼一郎氏の連載「比較三原則」ではスマートがVWup!を圧倒してましたね。ただし福野氏云く、スマートもup!もそれぞれ素晴らしく「現代小型車の両雄」だとも。

  そんな定評のあるスマートの設計に、ヴァン・デン・アッカー氏監修のコンテンポラリーなポップアート的デザインをまとうトゥインゴですから・・・ひょっとしたら、パッソもフィットもイグニスもデミオもみんなまとめて捲るくらいに人気に火が付く可能性もあります!!!少なくとも国産車と十分に競争できるクルマにはなると思います。唯一の不安材料はルノーのディーラー網が・・・もう日産ディーラーで売ってしまえ!!!

ルノー・トゥインゴの動画(NISMOみたいなカラーリングも登場!)

リンク
最新投稿まとめブログ